国立公園や景勝地への来場者に関するデータ管理は、相応の情報分析システムなしでは非常に難しいでしょう。 来場者調査分析ツール・ASTAは、フィンランド国内において自然保護地域を管理する国有企業Metsähallitusと共同設計しており、様々な方法で収集したデータをフル活用しています。
ASTAの活用により、膨大で複雑なデータを効率的に管理することができ、国立自然公園における来場者体験の評価・分析が可能になります。また、ステークホルダーや企業のフィードバックを分析することで、来場者が地域経済にもたらす影響を含め、国立公園自体と他の周辺サービスの相互関係を調査します。ASTAを介してあらゆる関連情報や来場者体験の収集・報告がなされることにより、国立自然公園のマネジメントにおける、合理的で透明な意思決定が可能になります。
使いやすいユーザーインターフェースを実現したASTAのスマートフォンアプリは、紙面アンケートにかかる手間を大幅に削減することに成功しています。 本アプリはオフィスモードで使用されるように設計されています。アンケート調査の回答はデバイスに保存され、インターネット通信が入り次第、回答が自動でASTAのデータベースにアップロードされます。ASTAのデータベースは、ASTAのWebプラットフォームを通して、分析と報告がいつでも行えるように設計されています。

公園マネジメント用に設計されたシステム構造

デスクトップアプリとクラウドサービス

多様なデータの統合

膨大のデータを扱う際の効率性

案件ごとに作成可能なアンケート調査

包括的な自動報告システム

来場者満足度の評価

来場者プロフィールの識別

マネジメント意思決定のサポート

地域経済にもたらす影響の可視化