天然林からプランテーション、あるいは寒帯樹林から熱帯雨林まで、あらゆる森林調査においてLiDARの正確性と高いコスト効率は、証明されています。森林産業が発達したフィンランドにおいて、森林調査は主にLiDARを利用して行われています。Arbonautは、テクノロジーを森林部門に生かし始めたパイオニアです。
ArboLiDARは、森林学、数学、プログラミングなどに精通した当社のエキスパートたちが高水準の森林調査を可能にする為、英知を結集して開発した独自のツールです。これまでに、ヨーロッパ、アジア、南アメリカ、北アメリカ、アフリカで公共・民間セクターの顧客が行う、計1,000万ヘクタール以上に及ぶ 森林調査をサポートしてきました。
近年ArboLiDARは、炭素蓄積量の監視、バイオマス調達の計画、あるいは投資の可能性調査に用いられる衛星画像などのデータに基づいて、森林資源量の算出に役立てられています。
ArboLiDAR活用による顧客サービス自体に加え、データとツールの利用で培った私たちのノウハウは、キャパシティ・ビルディング(能力養成)という形でさらに顧客に還元されています。
ArboLiDARにより、以下のことが可能になります

最新の研究に基づいてLiDARと光学データから地形を明らかにする

自動でセグメント作成を行い、正確に森林を描写する

森林資源量を算出し、密度など森林の構造にまつわる、運用計画に重要な情報を抽出する

林冠高モデル(CHM)や数値地形モデル(DTM)などのGISデータを作成する

特定の空間分析ツールを用いて、プロセスを早める

経験豊富な当社がサポートします

御社の事業プロセスに最新の森林調査方法を段階的に統合すると共に、データを最大限活用したモデリング技術を提供します

精度評価を行い、モデルの水準を報告する