多くの統計が示すところによると、森林火災の95%の要因は人的であり、乏しい森林マネジメントや気候変動、防火の知識不足などによって引き起こされている。世界中で何百万ヘクタールもの天然林と自然保護地域が失われており、自然生態系は脅威に晒され、長期に及ぶ回復期間が必要となっています。都市部と地方部の境界付近で発生しやすい林野火災では、建造物やインフラが焼失するなど、小さな過失から重大な事態へと繋がる危険性が高いです。
当社の火災リスクマネジメントシステムであるArboFiRMは、地方自治体レベルでの防火や消化戦略の立案、またはそれにまつわる意思決定を支援します。 ArboFiRMを用いることで森林火災の拡大進路を予測することができ、火災が都市部と地方部の境界付近で拡大するリスクを低減するのに役立っています。LiDARデータの活用が、林冠の特定や火災進路の検証、あるいは森林資源の評価の精度を高めています。

データの可視化

地形、地質構造と可燃物のマッピング

行動計画の策定

予防措置の必要な火災リスクの高いエリアを特定します。また、他に安全な場所、最適な避難経路、付近の水源、車両の通行可能エリアなども示します。

重大要因の分析

重大な自然的または人口的な要因を分析して効果的な予防計画を作成したり、分析結果を最大限利用して精度の高い意思決定を行う

より安全な消防活動

火災の発生しやすい時期に火災リスクを低減する高水準の予防計画を設計する。 実際の消火活動前に素早い対応方法を練っておき、消防隊が効率的かつ安全に火災の危険性を鎮めるのを可能にする。